浮気が原因で離婚する場合の慰謝料の相場

浮気が原因の慰謝料の相場

 

慰謝料は原則的に離婚原因を作った側が支払います。
一般的なサラリーマンの家庭では裁判や審判で認められる慰謝料の金額は100万円~200万円となっています。
例えば、夫が悪質で、妻の精神的苦痛が甚大という場合でも700万円が限界といわれています。
夫婦間で、支払能力を超えた慰謝料を請求しても、裁判や紛争が長く続く結果となり、最終的には金額は低くなってしまいます。

 

日本の離婚の原因の第一位は「性格の不一致」です。
このような離婚の原因はどちらにも責任と原因があり、慰謝料までは厳しいでしょう。

 

しかし、離婚の原因が浮気や暴力の場合は責任を負わなければなりません。
離婚の原因をなる暴力や浮気を不法行為といいます。
慰謝料はその不法行為によって受けた、精神的苦痛で要求することができます。

 

離婚の原因を作ってしまった人を有責配偶者と呼びます。
財産分与とは異なり、有責配偶者は慰謝料を要求することはできません。

 

夫婦ともに浮気や暴力などの原因がある場合は、より重い方が慰謝料を払う義務を生じます。
双方が同程度の場合は支払いの問題は生じません。

 

>>結婚前に慰謝料を決める方法がある?