基本的な浮気長調査の手順

基本的な調査の流れ

お見積りに両者が合致したらいよいよ調査スタートです。

 

一般的な調査の内容(調査目的により異なる場合があります)

 

尾行調査

ターゲットの浮気の事実を把握する調査です。
バレないように徹底した情報収集を行います。

 

 

不貞の証拠調査

決定的な「浮気のシーン」を収めます。
万が一離婚問題に発展した場合はこの証拠が最強の武器になります。

 

 

浮気相手の特定調査

浮気相手を特定し、情報収集をします。
慰謝料請求などをする場合には多角度からの情報を得る必要があります。

 

 

不貞行為の証拠だけだったり、浮気相手の特定までだったり依頼者の目的にもよります。
その調査の内容によって料金も変わってきたりするので、見積もりの時に分らないことがあれば聞いておきましょう。

 

調査が終わったら報告です。
電話やメールでの報告もありますが、ほとんどは調査終了後に書面での結果報告やデータのお渡しなどがあります。

 

中間報告をするところや調査終了後の報告をするところなど様々です。
逐一報告してくれたりするので、相談してみてください。

 

そして調査終了してもまだまだ乗り越えなければいけないことがたくさんあります。
そんなあなたにはアフターフォローでサポートしてくれます。