慰謝料と税金について

慰謝料と税金

 

離婚の慰謝料は課税の対象になるのでしょうか。

 

慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償です。
それに対して課税をかけるのは実情にそぐわないという理由から非課税となっています。

 

また、財産分与はいかがでしょうか。
民法762条(特有財産、帰属不明財産の共有推定)は
1.夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産とする。
2.夫婦のいずれに属するか明かでない財産はその共有に属するものと推定する。
としています。
これは、財産はあくまで夫婦で築き上げたものであり“婚姻中の財産は二人のもの”ということです。

 

したがって離婚に伴う慰謝料、財産分与は原則として贈与税・所得税の課税対象とはなりません

 

しかし、この制度が悪用されてしまうと脱税のおそれが生じてしまいます。
そのため慰謝料の額が不当に高い場合や、相続税を逃れるための偽装離婚を行った場合、課税の対象となります。

 

さらに、慰謝料は原則非課税ですが、慰謝料を相手の親や親戚から貰った場合は贈与税が掛かりますので注意が必要です。

 

慰謝料を金銭で払った場合も原則非課税となりますが、土地や建物などの金銭以外の財産で支払われた場合、譲渡した側に「譲渡所得税」がかかります。

 

上記の例に該当される方は、一度専門家の方にご相談されることをおすすめいたします。

 

>>慰謝料と財産分与に対する税金詳細はこちら