浮気調査にはどのくらいの費用が必要?

浮気調査にかかる費用

普通に暮らしている人であれば、興信所や探偵社を日常的に利用しているというような人は少ないと思いますので、選び方の目安がわかりませんよね。

⇒基本的な浮気調査の流れはこちら

 

 

ここで注意したいのが、安さにつられて選ぶということです。

 

 

料金の表示の仕方にトリックがあり、安い料金だったはずなのに高額な調査料を請求されることがあります。

例えば、調査員1名に対する時給が表示されていた場合、依頼する側は、一人で調査するものと思って依頼しますが、実際には対象者の尾行に2名、浮気相手との接触現場5名と、そこに到着する為の車両、証拠を撮影するための機材などが加算されてしまいます。
そして、調査員1名に対する時給の他に、基本的に調査員の日当×調査にかかった日数、尾行や下見にかかった交通費、張り込みにかかった宿泊費、報告書作成費が請求されます。
従って、時給6,000円からと料金表には書かれていたはずなのに、様々な費用が加算され、100万円以上の請求がきてしまったりすることもあるのです。

 

また、1回の稼働に対する料金が表示されていた場合、1日に2回稼働した場合は2倍の料金が請求されます。

稼働料金の他に、調査員の日当×調査にかかった日数、尾行や下見にかかった交通費、張り込みにかかった宿泊費、報告書作成費が請求されます。
この場合も、1日12万円と書かれていたはずなのに、100万円近い請求をされます。

 

パッと見て安いからと言って依頼するのは危険です。
このようなことにならないようにするためには、依頼する際に、

  • どの程度まで調査してもらいたいか
  • 実際に調査する人数
  • 稼働する時間帯と待機する時間帯はどの程度まで延長を認めるか
  • 尾行や移動に使う車両費は別料金になるのか
  • 写真やビデオを撮影してもらう場合、追加料金が発生するのか
  • 全体を通してどの程度の料金が必要となるのか
  • 延長した場合の限度額

などを明確にしておきましょう。